882編公開中。 今を映す手鏡のように
片岡義男エッセイ・コレクション『自分を語るアメリカ』 の一覧
1 2 3 4
2017.10.6
トリビアのペーパーバックのおかげで、へえ、そうだったのか、と言うのがぼくの口ぐせになろうとしている
縦書き
 買うには買ったけれども、読まないままほったらかしてあるペーパーバックが、ワーク・ルームのとなりの部屋の大きな書棚に、三重に四重に、つまっている。  ごく最近、『ハリウッド・トリビア』というタイトルのペーパーバックを買っ…
2017.8.11
『ニューヨーカー』の表紙に描かれた、ある年の夏
縦書き
 一九八六年の夏、僕が新聞であの写真を見たのは、八月十一日だった。海水浴場として昔からよく知られている海岸が、人でびっしりと埋まっている様子を、「本社機」とか「自社ヘリコプター」とかを使って空中から撮影した、およそなんの…
2017.6.20
『カサブランカ』を観て、読んで、聴いた日
縦書き
 幼少の頃からはじまって、小学生、中学生、高校生をへて大学生と、どの段階でも、僕は映画を映画館で観てきた。大人になってからもそうだし、いまでもたまには映画館で観ている。  たまに映画館でも観るけれど、ほとんどの場合は、ヴ…
2017.5.7
風をかっさらうようにして、チョッパーがハイウエイをまっすぐに飛んでいく。よく冷えたバドワイザーが手近にある
縦書き
 アメリカのチョッパー乗りたちのための専門誌『イージーライダーズ』が、いまでも健在だ。創刊されてすでに十数年になる。カリフォルニアのフレズノという町のドラグストアで見かけたときは、飛びつく、という感じで買い、読んだのを、…
2017.2.26
六〇年代
 バード。ブーガルー。ブリストル・ストンプ。フレディ。フラッグ。ファンキー・チキン。ヒッチハイク。ハックルバック。ハリー・ガリー。ジャーク。リンボ。ロコモーション。マッシュド・ポテト。モンキー。ポニー。シンガリン。スロッ…
2017.2.22
ガーフィールドは、ただ単に猫であるだけでは、満足しない
 壁にとりつけたドア・ストップのそばに所在なげにすわっている猫は、ドアがいきなり勢いよく開いたときには、ドア・ストップとともに自らもドア・ストップになってしまう可能性が大きい。  ドアのうえに登ってそこにすわっている猫は…
2017.2.19
彼らが愛する女性たちの外観
ー 1 ー 『エスクワイア』のアメリカ版一九九一年八月号に、写真によるアメリカ女性のポートフォリオ、という記事があった。さまざまな写真家に依頼して撮ったアメリカ女性の写真二十六点が、三十ページにわたってならべてあるという…
2017.2.18
三十日間で悲しみを克服する法
 できるだけニュートラルな視点や気持ちを持ってアメリカの町を歩いていると、これはまさにアメリカだなあとか、ほんとうにこれはアメリカ的だなあ、と思いつつかなりの感銘を受けてしまういろんなものが、目に入ってくる。場所がアメリ…
2017.2.17
女性ボディビルダーの魅力を支える、苦しみの個人史
 アメリカの女性ボディビルダーたちのヴィデオ・テープをぼくは見たことがある。何人かのフィーメイル・ボディビルダーたちが画面に登場し、自分とボディビルディングとの関係について、まず手みじかに語る。  理想の状態に近づくため…
1 2 3 4