884編公開中。 今を映す手鏡のように
京都 の一覧
2017.5.4
小さな旅、愉快な思い出
縦書き
 朝の八時からいっしょに続けてきた仕事を、午後の二時に終わり、ぼくはその仕事相手の女性とふたりで、建物の外に出てきたのです。きれいに晴れた。五月の午後でした。ゆっくりコーヒーを飲もう、ということになり、どこの店がいいか考…
2016.11.29
京都の四季を英語で三行詩に
『キョート・ドゥエリング』は、京都に二十五年にわたって住んでいる、イーデス・シファートというアメリカ女性の作品だ。短い詩による一年、という副題のとおり、ぜんたいは一月から十二月まで、十二に分かれている。そしてその一年を描…
2016.9.15
雨の京都、主演女優、そして発泡する日本酒
「たまには対談をしてみませんか。相手は主演女優です」  と友人が言った。  「いつ、どこで、誰と」  と僕はきいてみた。  土居裕子さんが京都での公演に入るにあたって、スケジュールに半日の空きがある、と友人は答えた。  …
2016.6.12
雨の京都で下書きをする
 久しぶりに万年筆を買った。  僕との相性の良さを中心に、いくつかの条件をもっとも高いところで満たしているのはペリカンだから、今回もペリカンにした。まったくおなじ種類のを三本。軸もキャップも透明なプラスティックで出来てい…
2016.5.5
菖蒲湯そして乾杯
 端午の節句には京都にいた。なんの用件も目的もないまま、ただでかけてみたくなってやってきた京都だった。イノダでコーヒーを飲めばそれで充分だというような、一泊するだけの小旅行だ。  イノダでは、たしかにコーヒーを飲んだ。三…