882編公開中。 今を映す手鏡のように
『5Bの鉛筆で書いた』 の一覧
1 2
2017.10.6
トリビアのペーパーバックのおかげで、へえ、そうだったのか、と言うのがぼくの口ぐせになろうとしている
縦書き
 買うには買ったけれども、読まないままほったらかしてあるペーパーバックが、ワーク・ルームのとなりの部屋の大きな書棚に、三重に四重に、つまっている。  ごく最近、『ハリウッド・トリビア』というタイトルのペーパーバックを買っ…
2017.7.14
やがてはカウボーイも、インディアンとおなじく保護居住地に囲われる身となるだろう、と本物の西部男が言っている。
縦書き
 モンタナ州とアイダホ州の州境を、大陸分水嶺が東へむかってのびてくる。ワイオミング州の西側の州境にぶつかり、ワイオミング州の北西部に入りこんで、南東にむかって斜めにくだっていく。くだりきると、大陸分水嶺は、コロラド州との…
2017.5.7
風をかっさらうようにして、チョッパーがハイウエイをまっすぐに飛んでいく。よく冷えたバドワイザーが手近にある
縦書き
 アメリカのチョッパー乗りたちのための専門誌『イージーライダーズ』が、いまでも健在だ。創刊されてすでに十数年になる。カリフォルニアのフレズノという町のドラグストアで見かけたときは、飛びつく、という感じで買い、読んだのを、…
2017.5.2
ホンダの90CCでマイアミからLAまで走ったら、ガソリン代はなんと二十ドルだったというハイウエイ・ストーリー。
縦書き
 ホンダのスーパーカブC90から発展していった軽量のトレール・モデルに、CT90というバイクがあった。一九七四年ごろにはリアの左側に丸い補助タンクがつき、完全防水のエア・クリーナーとなり、エンジンを水没させても走行ができ…
1 2