884編公開中。 今を映す手鏡のように
『日常術 片岡義男〔本読み〕術ー私生活の充実』 の一覧
2017.1.24
素敵な女性作家たち(2)
素敵な女性作家たち(1) ■本を捜すときには、どうするのですか。カードとか、パーソナル・コンピューターとか、使うのですか。  まさか。そんなことをするわけがないでしょう。買ってある本のつまっている棚のまえに立ち、適当に抜…
2017.1.23
素敵な女性作家たち(1)
■このジャンルの本ならいつでも読みたい、というような領域はありますか。お勧め、というか、この領域のなかならいつ読んでも面白い、というような。*  手近なところでとっさに思いつくのは、いまのアメリカの、女性の作家たちによる…
2016.10.22
ブックストアでのめぐり逢い
ー面白い本を夢中で読んでいくときの、その楽しさや面白さのもっとも中心になるものは、なにだと思いますか。*  ここに一冊の本があって、その面白さは保証されているとして、たとえばぼくがその本を読むなら、その本だけを読む、とい…
2016.6.17
ジェームズ・ディーンには雨の日が似合う
■ さまざまな本について、再び話を聞きたいですね。あれや、これや、きわめてランダムに。たとえば、写真集とか*。  しばらくまえに『ヴォーグ』の書評で見てすぐに買ったのですが、『性的依存関係のバラッド』というタイトルの写真…
2015.11.24
アイラ・ウッドの『キチン・マン』はなぜ面白いか
 アイラ・ウッド『キチン・マン』 ■面白かったほうの本の話をうかがいましょうか*。  たとえば、アイラ・ウッドの『キチン・マン』ですね。はじめて聞く名前ですし、この小説は彼にとって最初の作品だそうです。劇作はたくさんおこ…