アイキャッチ画像

祟りとハンカチとマスタード

縦書きで読む

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 二〇〇四年十月二十日のアメリカン・リーグ優勝決定戦で、ニューヨーク・ヤンキーズはボストン・レッドソックスに敗れた。こういう大事な試合のTV中継では、観客が掲げ持つプラカードを見逃さないようにするのも、楽しみのひとつだ。ヤンキーズとレッドソックスとの試合では、curseという言葉を使ったプラカードが多かった。日本のTVその他では、呪い、と翻訳されたようだが、ここでは、祟り、のほうがいいだろう。

 ベーブ・ルースはボストン・レッドソックスのプレーヤーだった。一九二〇年にレッドソックスは彼を金銭トレードでヤンキーズに放出した。以後のレッドソックスは優勝から遠のき続けただけではなく、ヤンキーズにも勝てないままとなり、これらはすべてルースを放出した祟りなのだ、という説が根強く流布することとなった。curseというキー・ワードはここに出発点を持っている。

 レッドソックスの熱狂的なファンであるはずのひとりの男性が、What’s curse.という二語だけを大書したカードを高々と掲げている様子を、TV中継のカメラはとらえてくれた。「いったいなにが祟りだよ」というような意味だ。レッドソックスのリーグ優勝が決定した瞬間、彼は用意しておいたこのカードを頭上に掲げたのだろう。試合の興奮が退いていき、観客席から人が少なくなっていく頃になっても、彼はこのカードを頭の上に掲げ持ったままだった。curseという言葉を使ったプラカードのなかでは、少なくとも僕がTVで見たもののなかでは、これがもっとも出色だった。

 二〇〇三年のヤンキーズはデヴィルレイズを相手にワールド・シリーズを戦った。どの試合だったか忘れたけれど、デヴィルレイズを支持する中年の女性が掲げていた、Yankies, hankies available.というカードは、なかなか良かった。「ヤンキーズさん、負けて泣きの涙をぬぐうハンカチ差し上げます」といった意味だ。言うまでもないことだが、ヤンキーズとハンキーズとが韻を踏んでいる。試合の結果はこのとおりになったのだから、その日のデヴィルレイズ側のホットドッグは、ひときわ美味だったのではないか。たっぷりとかけたマスタードは、さぞや五臓六腑に滲みわたったことだろう。

初出:「先見日記」2004年10月26日
底本:『白いプラスティックのフォーク──食は自分を作ったか』NHK出版 2005年


1920年 2003年 2004年 2005年 curse hankies Yankies 『白いプラスティックのフォーク』 アメリカン・リーグ デヴィルレイズ ニューヨーク・ヤンキーズ ハンキーズ プラカード ベーブ・ルース ホットドッグ ボストン・レッドソックス マスタード ワールド・シリーズ 中継 優勝決定戦 先見日記 呪い 白いプラスティックのフォーク 祟り 試合 野球 TV
2020年5月22日 07:00
サポータ募集中