883編公開中。 今を映す手鏡のように
言葉 の一覧
1 2 3 4
2016.10.19
ぼくがもっとも愛用している英語の辞書
 ぼくがもっとも愛用している英語の辞書が、これだ。1070ページあるペーパー・バックだ。何年か使ってふくらんできた状態で、厚さは45ミリある。このくらいの量感があると、視覚的にも感触的にも、信頼感は充分にある。内容も、素…
2016.7.31
「抵抗勢力」と「バブルの崩壊」
 言葉だけはいたるところで盛んに飛び交い、したがって多くの人たちが使うから自分も使い、使っているうちになんとなくわかったつもりになりながらも、その言葉が具体的になにを指し示し、どのようなことを意味しているのか、正確な実態…
2016.7.19
身を守ってくれる日本語
 昭和二十年代から三十年代いっぱい、そして四十年代の後半に入るあたりまでの期間に製作・公開された日本映画を、僕はヴィデオで少しずつ見ている。趣味のひとつだと言っていい。この期間は僕にとっては、子供から少年へと成長していっ…
2016.7.11
噓と隠蔽の国
 この本〔『日本語で生きるとは』1999年〕の冒頭に、「英語で生きる人」と題した部分がある。英語で生きるとはどういうことなのか、ということについてごく簡単に書いた部分だ。  英語で人生を生きていく人のありかた、そして生き…
2016.6.25
世界はただひとつ
 太平洋でのアメリカとの戦争をめぐって、もう戦争は終わりにしようと言う一派と、徹底的に戦って最後には日本本土でアメリカと決戦するのだと言い張る一派とが、国民はなにも知らないところで、権力争いを続けた。戦争は終わりにしよう…
2016.6.4
江戸時代に英語の人となる
 戦後の日本は世界各国から原材料を買い、国内で製品を作り、それを世界に売った。しかし世界のどことも、真の関係は出来ていないままだ。この不思議さを、どのように解釈すればいいのか。自分の都合だけを追った結果だ、という解釈はも…
2016.5.30
より良き日本語の人
 日本の最たるものはなにかと訊かれたなら、それは日本語です、という答えしかない。日本を日本らしさに満ちた日本そのものに保ち続ける力で最大のものは、日本語という言葉が発揮する力だ。ここで僕が言う日本語とは、戦後五十数年間の…
2016.5.28
通訳は位置についたか
 早くも十年は前のことになるかと思うが、G5会議の様子が報道されるのを、僕はアメリカのTVニュースで見た。ヨーロッパのどこかでおこなわれた、確かG5の会議だった。荘厳な建物のなかの、もっとも広くて威厳に満ちた部屋に、G5…
2016.5.27
広島の真珠
縦書き
 半年だけと期間を区切って、日本のTV各局のニュース番組を録画で可能なかぎり見た、という体験を僕は持っている。TVを見ない僕にとっては、体験と呼ぶにふさわしい出来事だった。TVという経路ごしに、視聴者という不特定多数に向…
2016.3.19
自分らしさを仕事にする
 なんらかの仕事をし、それに対する報酬を金銭で受け取り、その金銭で自分の生活の全域を維持させていく、というもっとも一般的な意味での仕事を、この僕といえどもおこなっている。おこなっているどころではない、のべつまくなしにびっ…
2016.1.15
ABCで苦労する子供たちと、ひらがなで楽をする子供たち
 昨年の十二月三十一日の午後、ぼくは東京にいた。東京の片隅でふとひらめくものがあり、そのひらめきにもとづいて洋書店へいき、アメリカおよびイギリスのABCブックを、目につくはじから買ってみた。ABCブックは、じつにたくさん…
2016.1.5
システム手帳とはなにか
 システム手帳、という言葉を僕はさきほどから観察している。すっかり日本語になりきった言葉だ。いくら観察しても、もはやなにごとも起きそうにない。しかし、考えていく作業のスタートとしての観察なら、観察する価値はあるような気が…
1 2 3 4