アイキャッチ画像

幸せは一枚の白いTシャツ

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 ヘインズのTシャツだ。三枚でひとつのセットとして、袋に入っている。袋から出し、一枚をはがすようにして取るときの感触は、面白い。生地は薄く、しなやかで、新品を最初に着たときは、じつに心地がいい。こういう感触のTシャツは日本にはないのだと、友人がしきりに言う。そうなのだろうとぼくも思う。

 形は崩れません、とパッケージには書いてあるけれど、実際には自由に崩れる。首は大きくのびてしまうし、ぜんたいがいびつに縮んだりもする。いつも形の整ったTシャツを着ていたいと思う人には、ヘインズは向かないだろう。アメリカでやるように熱湯で洗えば縮まないのだという説があるが、ぼくはまだ確認していない。

底本:『彼らと愉快に過ごす──僕の好きな道具について』小学館 1987年

今日のリンク

「1978年の三好礼子さん」(Youtube by @le_trou)

白いTシャツ_文庫表紙

132_05
片岡義男『幸せは白いTシャツ』(1983, 2015)


1987年 『彼らと愉快に過ごすー僕の好きな道具について』
2016年7月25日 05:30
サポータ募集中