ここが平和なのは軍事力のおかげです

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

●9/18〜9/24

 ビル・クリントン前アメリカ大統領が、確か沖縄でのサミットのとき、演説のなかでこう言った。「ここ」とは沖縄のことだ。そして「軍事力」とは、そこに基地を維持し続けているアメリカの軍隊の、総合的な攻撃力のことだ。

 これもわかりやすさの技法のひとつだ。カンマによって区切られたふたつの部分の、前半にひとつ、そして後半にもひとつ、hereという言葉がある。「ここ」をこうして強調しつつ、前半のhereにはpeaceを、そして後半のhereにはmilitaryを重ね、「ここ」における「平和」と「軍事力」を、不可分のものとしてひとつにしてみせる。

 技法としては初歩のものだが、これといってなにがさし迫っているでもない状況での演説では、ある程度以上の効果は発揮する。その効果を支える土台は、前半と後半で繰り返されている、isという動詞だ。肯定的に断定する機能を引き受けているこのふたつのisが、「平和」と「軍事力」との重なりを、じつは断固として肯定している。

片岡義男の Answer:There is peace here, because the military is here.

(毎週月曜更新|『英語で言うとはこういうこと』角川oneテーマ21、2003年所収)


2017年9月18日 00:00