自分の能力を過信して、出来ないことまで引き受けると……

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

●5/15〜5/21

 課題文の前半にひとつ、そして後半にひとつ、それぞれ動詞があることに気づく。ごく普通の構文だし、これでどこにも無理はない。それは英語で言う場合にもおなじだ。だから英語でも構造はおなじようになる。

「過信する」という動詞が受け持つ部分と、「引き受ける」という動詞が担当する部分とのふたつが and で結ばれ、そのぜんたいが仮定の if でくくられる。

「過信する」とは、評価を過大にするということだから、すでに日本語にもなっている overestimate がぴったりだ。「引き受ける」は、いま少しだけ難しい。「出来ないことまで」を「引き受ける」のだから、この両者の緊密な関連のなかで、言いかたの選択がきまっていく。

「出来ないことまで引き受ける」という意味のことを言うには、英語の例文のように言っておくのがいちばんいい。きまった言いかただし、文字どおりの意味しかそこにはなく、したがって誤解の余地はどこにも発生しないからだ。

片岡義男の Answer :If you overestimate your abilities and make commitments you cannot fulfill, ……

(毎週月曜更新|『英語で言うとはこういうこと』角川oneテーマ21、2003年所収)

 


2017年5月15日 00:00