LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

過去とはなんだろう無名の一人の物書きが歩く 仕事場はいつも喫茶店1日10杯のコーヒー 流れていたあの音の響き

あなたの知らない片岡義男がここにある

珈琲が呼ぶ

珈琲が呼ぶ
「珈琲が呼ぶ」というタイトルが正に相応しい。珈琲に呼ばれて、そこから思考を縦横に伸ばしていくエッセイというより、これは片岡義男が若い頃に量産していた、いわゆる「コラム」だ。例えば、豆がどうした、焙煎が、淹れ方がといった話は出てこない。どこのコーヒーが美味しいという話も当然ない。しかし、喫茶店の椅子の話や神保町で原稿を書いていた時代のこと、コーヒーの歌の話、私立探偵はコーヒーを飲むか、「コーヒーでいいや」問題。コーヒーが中心に、しかしコーヒーそのものが書かれる事はない名人芸のようなコラム集。

電子版価格|600円(税抜)
購入はこちら 立ち読みはこちら
コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ

コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ
片岡義男が学生生活を送りながらライター業を始めた1960年から、作家としてデビューする1973年までの彼自身の物語を、当時のヒット曲と映画を背景にして綴ったショートストーリー集。登場する全ての曲のレコードのスリーブと、一部の映画のパンフレット表紙がカラー写真で掲載され、その当時を音と写真と言葉で感じながら読み進む事ができる一冊。1篇1篇はとても短く、数分で読み終えるものばかり。しかしその数分は、その時代の数分である。それ故か、読んでいるとコーヒーの香りが鼻をくすぐるような感覚になる。

電子版価格|600円(税抜)
購入はこちら 立ち読みはこちら