アイキャッチ画像

ブラジル・フレンチはどこの豆か?

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

先日『蛇の目でお迎え』はどうつくられたか……これをサポータのみなさんへ公開した時、先頭部分に次のような記述がありました。ちょろっと書いたことですから見逃した方もいるでしょう。
 
 
本日のコーヒー〝ブラジルフレンチ〟を注文した。この店はブラジル豆のコーヒーにはかなり力がこもっているようで、他にもブラジルサウダージなんていうものもあったけれど、片岡義男は見向きもしなかった。フレンチとサウダージにどんな違いがあるのか、それは時間が許せば聞いてみよう。

作家・片岡義男はちらっと目をやったのでしょう。講談社から出ているWebメディア「現代ビジネス」の連載に、何とまあその時のことが書かれているじゃないですか! ブラジル・フレンチはどこの豆か? とあったので、ン……と思って読んでみました。ここにいる四人って私も入っているじゃないか、とニヤリと笑ってしまいました。私が密かに抱いた疑問の少なくとも半分が、早くも解明されています。報酬とはこういうものかと思った次第です。やりとりがメディアに載っていく素朴な一歩を見る気持ちでした。

どうぞご覧ください。
Webメディア「現代ビジネス」の連載

萩野正昭@「片岡義男 全著作電子化計画」プロデューサー

関連リンク

◯メイキングの詳細
2月17日| サポータ限定プレゼント!『蛇の目でお迎え』はどうつくられたか

◯編集部ブログ
2月17日| 『蛇の目でお迎え』メイキング、のメイキング

2月24日| 今日は口数がおおい(その4)|「蛇の目でお迎え」のメイキングはまだ続く

◯片岡義男 全著作電子化計画
『蛇の目でお迎え』はどうつくられたかPV

2017年3月15日 15:22